毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリン 椰月美智子





すっかり更新がご無沙汰になってしまってます(´Д` )



読書は着々と進んでおりますが、ブログだけが更新出来てません(ーー;)



とりあえず、一番最近読んだ本の感想から書きますヽ(´o`;



フリン、ってゆー、単純ながらインパクトのある題名だから、どんなドロドロした小説かと思ったけど、意外に爽やかな短編集。爽やかじゃないのもあったけど。




そんなに奇抜じゃない、よくある不倫の話ばかり、今までに読んだ他の恋愛物のような、後味の悪い気分にならないのが不思議。



個人的には、魔法がとけた夜、が、女が因果応報って感じでスッキリしました( ̄▽ ̄)




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


永遠の途中 唯川恵






女性に特有の競争心・嫉妬があまりにもリアルに描かれていて、胸をえぐられるような気分になりました。


あるよねー、そういうの。


なんで女って、自分が優越感を持てるところを常に相手にさがす癖があるんだろう。


あれ?私だけ?(^^;;



私は打ち込む仕事があるけど、乃梨子のように社会的立場が高い?わけではないから、どちらかというと、薫寄り。



でも、結婚して子どもがいても、共感できない部分もあったりして、それが自分が幸せなんだ、と実感させてくれた一冊(笑)



娘の反抗期や不倫など、まだ経験してないことが沢山あるから何とも言えないけど、失敗があったとしても、自分の人生に自信を持つのって大切だなあって思いました。



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


だんだんあなたが遠くなる 唯川恵





読み始めから、要司がいづみにとられそうな雰囲気がめっちゃあってイライラしながら読み進めたら、やっぱりそうなった。


荻がさっと身を引いて、荻はいー女だなあって思った。

解説では荻が2人の仲を早合点しすぎ、と書かれていたけど、全然そんなことない。十分別れるに値する行為だよ。特に、年始に黙って2人で会うとか。神経がわからん。



荻と園芸店のおじさんおばさん、あと真田との別れのシーンは好きだったけど、全体的に胸糞悪い恋愛小説だった。


作者はいつも、女のドロドロしきった部分を容赦無く描いてるなあ、と思う。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


愛に似たもの 唯川恵




こうはなりたくない、と思う話のオンパレード。

幸せを感じられない、って、ほんと悲しい。

読み終わって、書名が全ての話にしっくりき過ぎることに気づきました。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


眠れぬ真珠 石田衣良





今までに読んだことのないタイプの恋愛小説でした。やっぱり、この作家さん、好き〜♪



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。