毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


火車 宮部みゆき
山本周五郎賞受賞作。





↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村









ストーリー紹介を読まずに読み始めたから、表紙の絵柄的にファンタジー、ホラー要素の強いミステリーかと思いきや、経済小説の要素もあり、現実に進行形で起こってそうな話で、いつもの宮部みゆきと違う興味を持って読めました。グレーゾーン金利の問題など、貸金業に関する社会情勢は書かれた当時とは変わってますが、債務破綻する人が、必ずしも当人だけの責任ではない、という考え方が勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


何者 朝井リョウ
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





第148回直木賞受賞作。



読書メーターで当選して手に入ったハードカバー。



もったいないから(?)ゆっくり読むつもりが、引き込まれてすぐに読み終わっちゃった(笑)



わー歳下の受賞作家やぁ、と思ってたら、TwitterやfbにLINEなど、予想以上に現代的!スマホの性能もまだ新しい。



語り口調っぽいというか、文章がいかにも若者で、最初は読み辛かったけど、慣れたと思ったら、グイグイ心の中に入ってくる。


主人公は、周囲の人間のカッコ悪さを冷静に分析してると思ったら、最後にいきなり、1番見苦しくなっちゃってなんだか悲しい。


私は、ギンジに近い生き方をしてきたから、主人公と周りにいる、就活生の苦悩ににいまいち共感できないぶぶんもあったけど、何だかわからないけど、何かに焦って、自信がなくなって、必要以上に自分を大きく見せたり、社会を批判的に捉えて一人でわかった気になる時期って、誰にでも多少はあるんじゃないかなぁ。



でも、ネットに悪口はダサい。




私は、Twitterのテンポの速さについていけないので(RT見にくいやん)、ネットでの発信は主にブログですが、一緒に笑いながら、隣に座ってる子の悪口呟くなんて、あり得ない。



すっごくリアルに描かれている小説だから、そういうのも、実は珍しくないのかな。



ブログで愚痴は書くけど、主人公みたいなことしても、虚しくなるだけちゃう?と思う。



しかも、それまで1番カッコ悪い感じで描かれてた子にコテンパンにやられちゃって、最後は少し見えてきたものがある風に終わるけど、きっと彼はこれからも自分が何者か、悩むんだろうな。



就活が終わっても、自分は何者かなんて、すぐにわかんないよね。



人類始まって以来、沢山の人が一生かかって考える問題なんだから、まあ、気楽にいきなよ、と言いたい(そんなこと言ってられないかもしれないけど)


テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


蹴りたい背中  綿矢りさ
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




第130回芥川賞受賞作


当時、最年少受賞とかで話題になったのを覚えています。


読んだのは最近。


受賞者が若くて話題性があったと思うのですが、あまり流行ると読みたくなくなる天邪鬼な私w


もっと早く読めば良かったなあ、と思いました。


年齢なんて関係ない。ともかく面白かったです。


ハツとは感じ方の違う部分もあるけれど、中学、高校生の頃って、学校で誰といるか、一緒にいる相手がるかどうかが凄く大きくて、学校生活のほとんどを占めていた気がします。

そして、ハツのように取り残された気持ちも、めっちゃわかる。

私は、それで不登校になってしまったけど、ハツは2学期から大丈夫かな。


それと、目の離せないにな川との関係。

エロくないそうでならない。もどかしい。

続きが読みたいなあ、と思いながら終わってしまいました。

この方の作品、もっと読みたいと思います、







放課後  東野圭吾
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





第31回江戸川乱歩賞受賞作


★あらすじ★

校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女、先生をナンパするアーチェリー部の主将ーー犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…





受賞作だということも、多分デビュー作だということも、読んでから知りました(笑)


この人の作品は当たり外れが全くありません。



全作品読破せずに断言するのは無責任かもしれませんが、なぜか絶対、と言いたくなる。



この『放課後』も、なりゆきで教師になった男が、なぜか校内で命を狙われる、という、推理小説として、度肝抜くような設定ではなく、むしろ学校、というよく舞台設定にも関わらず、目が離せなくて、読み終わるまで止まりませんでした。


推理小説にはまったのは、小中学生の頃で、最近はあまり楽しみを感じられなくなっていたジャンルですが、これは『面白い』という感想した出てきません。


この才能、せこいなあ。。。







妊娠カレンダー  小川洋子



妊娠カレンダー  小川洋子


芥川賞受賞作の「妊娠カレンダー」に「ドミトリイ」「夕暮れの給食室と雨のプール」の3篇がおさめられています。


★簡単なあらすじ★

「妊娠カレンダー」…姉の妊娠を見守る妹目線の経過観察。ちょっとえげつない。


「ドミトリイ」…いとこに自分の住んでいた学生寮を紹介することから始まる、先生との微妙な関係。


「夕暮れの給食室と雨のプール」…突然訪れた、子連れの宗教勧誘員とその子ども。と、愛犬ジュジュと挙式間近の私。



この方の作品は、映像化もした、博士の愛した数式が印象に残っていました。


どの作品にも、どことなく暗い影がさしてる感じ。でも、ネチネチはしてない。


妊娠カレンダーは、経産婦の身としては、姉の行動に共感でき過ぎます。

逆に、妹怖い。

軽くホラーやん


ドミトリイは、最後にそうくるか、って気分。


夕暮れの~は、最後が何だか悲しいなあ。


博士の愛した数式とこの短編集を読んで、著者はいわゆる「許されない関係」がお好きなのかなあ、と思いました。


また、ヒトの体の描写が生々しい。読めないほど残酷でもないけど、心にずしんときます。



↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。