毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝2時起きで、何でもできる! 枝廣淳子

早起きの本を探していて借りてみたら、著者は2時起きっていうだけで、全然早起き関係なかった(笑)


でも、ためになります。独学で同時通訳になる英語力をつけ、次々に仕事の幅を拡げていく著者のパワーが文章から溢れています。



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 苫米地英人



速読と言えば、眼球を鍛えて動体視力を上げたり、視野を広げるトレーニング、1冊5分で読む、と言ったことがメジャーだと思いますが、そういう速読法に疑問を投げかける1冊。



従来の速読法は、ただ速く読むことが目的になっていますが、何の為に速く読むのか、人それぞれだとは思うけど、著者の理屈には納得。



でもただ速く読みたい、って思うならそれはそれでいいんじゃないか、とも思う。役に立つ立たないは別として。




ハイサイクルリーディングのトレーニング方法や、速読の本来の目的について、また情報リテラシーとの付き合い方など、なるほど!と思えるけど、後半は別人格をつくるとか、世界の平和だとか、飛躍し過ぎな感が否めない(大切なことだとは思うけど、この流れはちょっとしっくり来ない)。



また、著者が学歴や共感覚、資産など、ちょっと自慢し過ぎでイラっとする。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


成功読書術〜ビジネスに生かす名著の読み方〜 土井英司





『良書を読むための条件は、悪書を読まぬことである』(26ページ)


『私が価値を認める書跡とは、この「他者の時間や経験を買うことができる」1冊です』(30ページ)


名前も知らない本が沢山ありました。


ビジネスパーソン向けの30冊の古典的名著のススメですが、どんな人も読んだ方が良い書籍ばかりだと思います。


1冊1冊の内容は、凄く濃いはずですが、それを端的にまとめていて凄いです。

読みたい本が増えました。



序章の読書についての著者の言葉が1番為になった気がします。



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座 ココロ社





『人を不幸にするとされてきたマイナス思考だが、慎重にことをすすめることができるので、確実に幸せになれる』というのが本書の主旨らしいです。(あとがきより)


状況を観察せずに、何でもかんでも自分の都合の良いように解釈するのが駄目なわけで、最悪の状況を仮定して対策する、ある意味最強のプラス思考について書かれてると思います。


書き方がちょっと奇抜な感じだけど、内容は至極真面目。



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


「判断力」を強くする 藤沢晃治

↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






ブルーバックスだから身構えていたけど、読みやすかったです。日常生活で誰にでも起こり得る判断ミスをわかりやすく解説していて、為になりました。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。