毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ、いま歌うのか? ルポ・強制される「君が代」の現場 三輪純永
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村








最近、とある強引な政治家のせいで、学校での斉唱強制の文字をニュースで観るようになり、なぜ今更?と疑問を持ちました。



私は歌うことには反対。


学生時代、君が代は天皇陛下の為に命を捧げる、という名目の下、戦争に駆り出された民衆を煽るのに利用された、と習いました。
(主に歌詞が)


だから、強制問題に関して、賛成、というか、公務員なら歌え、非国民だ、と強制を拒否する教師に批判的な意見が意外と多いことを知り、私の受けてきた反戦教育は違ってたのか?と不安になり読んでみました。(意見と言っても、ネットで色々見ただけですが)



私が今まで知っていたことは事実だとわかり、とりあえず安心。日本人として、もっと勉強しなきゃ。


というか、君が代の歌詞の解釈や、出典は古今集で戦争目的で書かれたわけではないことなど、経緯を知っての歌うべき、歌わないべきの意見の違いではなく、何も知らず『国歌を歌うのは当然』とだけ考えてる人がいることに驚きました。無知って怖い。



ちなみに、本書発行当時、君が代らまだ国歌ではありませんでしたが、後に正式に国歌となりました。



その辺りのことも、もっと勉強しようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/177-1e82d396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。