毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの頭がよくなる読書の習慣 樋口裕一
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


『大事なのは、「本を読むのが普通なんだ」「読むとおもしろそう」というニュアンスを親が生活のなかで子に伝え、本があるのが当たり前の家庭環境を意識的につくり出すことです。』(133ページ)






『頭が良い』とは決して学校の勉強が出来ることだけではありませんが、学校の勉強が重要であることも事実で、基礎学力である文章読解力も読書によってつくのは、今ではよく聞く話。



小学校でも、読書を習慣化するように推奨はされてるけど、学校の図書の時間だけでは絶対に足りないと思います。


やっぱり、親が日常的に読書して、本を読むのが当たり前にして、さらに、読む楽しさを伝えていければ良いなあと思います。





スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/182-5e303b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。