毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歪笑小説 東野圭吾
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







小説家が書く出版業界の裏側を、面白おかしく書かれた短編集。


多少脚色もあるんだろうけど、知らないことばかりで新鮮、更に東野圭吾さんの作品だから、やっぱり面白い。


胸がスカッとしたり、ただただ笑えたり、ちょっと感動したり。。。東野さんご本人も、こんな苦労されたのかなぁ、とか、ぷの世界はやっぱり厳しいんだなぁ、とか、東野圭吾さんは間違いなく横綱レベルだよなぁ、などなど、色々考えながら楽しく読むことができました。



本書の作品は、作品中で貶し倒されている小説雑誌を経て文庫になったようですが、巻末広告だけは書き下ろしでした。



本書に出て来る作家の作品名を本当のような広告にしているので、一瞬間違えそうになりました(笑)



ほとんどの作品があらすじを読んでもよくわかんなくて、実際に小説にしてもよくわかんないんだろうけど、東野圭吾さんならこれらでも、魅力のある作品にできるんではないか、と思います。



特に、大凡さんと唐傘さんのを実際に書いてほしいw



そして、この巻末広告、ただのネタではなくて、唐傘さんの三作目のちょっとした後日談があります。


気づいた時はなんかこう、胸がほっこり温かくなりました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/187-db23ea36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。