毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 苫米地英人



速読と言えば、眼球を鍛えて動体視力を上げたり、視野を広げるトレーニング、1冊5分で読む、と言ったことがメジャーだと思いますが、そういう速読法に疑問を投げかける1冊。



従来の速読法は、ただ速く読むことが目的になっていますが、何の為に速く読むのか、人それぞれだとは思うけど、著者の理屈には納得。



でもただ速く読みたい、って思うならそれはそれでいいんじゃないか、とも思う。役に立つ立たないは別として。




ハイサイクルリーディングのトレーニング方法や、速読の本来の目的について、また情報リテラシーとの付き合い方など、なるほど!と思えるけど、後半は別人格をつくるとか、世界の平和だとか、飛躍し過ぎな感が否めない(大切なことだとは思うけど、この流れはちょっとしっくり来ない)。



また、著者が学歴や共感覚、資産など、ちょっと自慢し過ぎでイラっとする。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/223-1dfd66c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。