毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


終末のフール 伊坂幸太郎




すっかり更新頻度が落ちましたが、読書は進んでいるので、感想も早く書かなきゃ、と焦ってます( ;´Д`)



最近名前をよく見かけるなー、一冊ぐらい読んどこっかー、と、図書館で適当に借りてみました。



世の中、地球の終末が確定した世界。



あとがきによれば、この本のように、何年も前から隕石の衝突が決まるってのは有り得ないらしいけど、そこは小説ということで。



〜年に世界が終わる、って話題を本気で信じたことはないけど、単なる流行りじゃなくて、ほんまにほんまに現実になったら、世間はこんな風になるんじゃないか、ってやたらリアルなお話。



1話完結しながらも、それぞれの登場人物が少しずつ繋がっていて、なんだかホッとする。



是非、結末を知りたい。


でも、書かれちゃったら小説としての味が変わっちゃう気がしなくもない。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/226-dc167451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。