毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放課後  東野圭吾
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





第31回江戸川乱歩賞受賞作


★あらすじ★

校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女、先生をナンパするアーチェリー部の主将ーー犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…





受賞作だということも、多分デビュー作だということも、読んでから知りました(笑)


この人の作品は当たり外れが全くありません。



全作品読破せずに断言するのは無責任かもしれませんが、なぜか絶対、と言いたくなる。



この『放課後』も、なりゆきで教師になった男が、なぜか校内で命を狙われる、という、推理小説として、度肝抜くような設定ではなく、むしろ学校、というよく舞台設定にも関わらず、目が離せなくて、読み終わるまで止まりませんでした。


推理小説にはまったのは、小中学生の頃で、最近はあまり楽しみを感じられなくなっていたジャンルですが、これは『面白い』という感想した出てきません。


この才能、せこいなあ。。。





スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/41-b0da3cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。