毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド  須田朗
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






『存在の意味への問いを、問いとして立てることが、当面の課題である(ハイデガー)』(P70)



『ソフィーの世界』を読みたいけど、あんな分厚い本、見ただけで眠くなりそう…と思った方には、この本も向いていません(笑)


ソフィーの世界を読了後、よくわからなかった部分があり、更に知りたいと思う人向けではないかなあ、と思います。


ガイド、とは書いてありますが、ソフィーの世界と並行して読むことは、面白味が半減してしまうので、オススメできません。


早い段階で、ネタバレもしてしまいます。


ソフィーの世界で語られている西洋哲学の流れを、同じ順序で詳しく解説してあるので、西洋哲学の入門書って感じですが、個人的には、全く初めての人にはいっぴつまり過ぎて難しいような気もします。







スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/52-6784051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。