毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマス・キャロル  ディケンズ
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






本日はクリスマスイブなので、それっぽい作品をご紹介。


というか、知らない人いないんじゃないの?ってぐらい定番だから、今さら紹介する必要もないかもしれませんが(笑)


優しさを失った偏屈じいさんが、クリスマスに生まれ変わる(という言い方だと誤解を受けるかもしれませんが)物語。


沢山の出版社から色んな訳書が出版されていますが、あえてカテゴリを児童書にしたのは、私が初めて読んだのが小学生の頃で、その時の衝撃が半端なかったからです。



何が衝撃だったかというと、三人目の幽霊。


『優しいゆうれいの手はふるえました』


この一文に、心が震えました。


それまで、三人目のゆうれいが優しいなんてわかる表現は全然なくて(読解力のない私が気づいてなかっただけかもしれない)、ここを読んだ瞬間、私の中で無味乾燥で君の悪い幽霊が、急に人間味のある優しい存在に変身したのです。


大人になって読み返してみると、最初から三人目の幽霊は何か違うような雰囲気を醸し出していますが、当時の私には、幽霊の突然の変身で心の中に流れ込んできた温かさが何ともいえず心地よく、今でもこの作品のイメージになっています。


今となっては、あの驚きは再び感じることはできませんが、心温まる物語であることは変わっていません。


クリスマスに最もおススメの一冊です。









スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/53-1b1332cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。