毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


哲学の饗宴ーソクラテス・プラトン・アリストテレス  荻野弘之
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







何のために生きるかについて悩む人は多い。それは、何のために生きるかが、意味をもつ問題だからである。だがその問題は、たいていは、何のために死ぬのかとは独立の問いであろう。

だがソクラテスの場合、自分の生の意味は、死の意味とほぼ同時につかめてくることであった。
自分はいったい何のために死ぬことになるのかが理解される人生は、はたして幸福だろうか、それともその必然はあまりにも過酷な重圧だろうか。(P55)



NHKラジオ放送「NHK文化セミナー心の探究・古代ギリシアの知恵とことば」(1997.4~9)の放送副読本、「古代ギリシアの知恵とことば」を加筆訂正された本です。


書名の通り、古代ギリシアの代表的な哲学者、ソクラテス・プラトン・アリストテレスの略歴、著作、論理について一通り説明されています。


私は、もとになったラジオ放送も副読本も触れたことがありませんが、わかりやすく、ソクラテスからアリストテレスへの流れがつかみやすいです。


アリストテレスの著作は非常に難解だと書かれていましたが、そのせいか、アリストテレスの章はソクラテス・プラトンに比べて難しかったです


引用したソクラテスの生き方は、誰もが一度はぶつかるであろう、自分の「生き方」から一歩すすめて、「死に方」まで到達した、というか、生きることと死ぬことを同一視した、という点では、時代も国も違いますが、仏教につながる考え方だなあと思いました。


毎日、生きることに必死で、悩み事も生き方についてのことばかり。


だけど、死なない人間はいなくって、生と死は決して別物ではないんだよなあ。。。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/57-54ce76e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。