毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


阪急電車  有川浩
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






映画にもなった、有名な作品。


読む前は、『なんでわざわざマイナーな今津線なんやろ』と、過去に宝塚線沿線に住んでいた私としては少々不服に感じていたのですが(笑)、読み終わってみて、今津線が選ばれた理由がわkった気がしました。


都会過ぎず、かといって田舎過ぎもしない、なんともいえないほのぼのさのあるあの沿線だからこそ、この素敵な物語が生まれた気がします。


有川浩さんの著作は初めて読みましたが、登場人物一人一人の心をすごく大切にされていて、爽やかでいい薫りのする風が吹き抜けていく感じが、読んでいる間ずっとしていました。



余談ですが、映画では小説に登場する一組のカップルが出てきませんでした。


もしあのカップルが映画でも出てくるとしたら、私は女の子は間違いなく柴崎コウだと思います。


(特に理由はありません。私の頭の中で彼女で再生されていました。)


映画も、小説の雰囲気を損なわない、素敵な作品だったと思います。







スポンサーサイト

テーマ:お気に入り作品 - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/69-2f389f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。