毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


方向音痴の科学_迷いやすい人・迷いにくい人はどこが違う?  新垣紀子・野島久雄(ブルーバックス)
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村








私は方向オンチだ。


それも、超がつく方向オンチ


携帯のGPS機能に実際の地図を持ってしても、正反対の方向に行ってしまったりする。



もはや、コンピテンスの問題なのだろうか。



本書は10年以上前に書かれたもので、迷わない為の(GPSなどの)手段は、書かれている通り格段に進歩しているが、それでも、私の方向オンチはさほど改善されていない。


巻末に、迷わない為の様々な工夫が紹介されているが、それはほとんど実行済みだった。


もう、そうしようもないのかもしれない(でも、一度行けばもう迷わない)。


自分のことを方向オンチであるとラベルづけをするのをやめることです、とおっしゃるが、つけてもつけなくても、迷うものは迷う。結局、私はやっぱり方向オンチ、と結論せざるを得ない内容だった。


まあ、いいんだけど。


ブルーバックスにしては、読みやすい本でした。



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/78-cbac7050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。