毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこにいるの、おじいちゃん?  アメリー・フリート




幼い子どもが、亡くなったおじいちゃんを探し続けるお話。



『死』を理解できてない彼が、少しずつ、大切な人を失った現実を体験していく様子は、絵本なのに、すごく重い。読み聞かせしたら、間違いなく泣いて読めなくなっちゃう、私が。



お葬式の様子は、ヨーロッパの絵本なので日本人には馴染みのない雰囲気ですが、故人を悼む家族の様子は、リアルで胸に迫って来ます。





↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/89-eb03d7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。