毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モーツァルト『フィガロの結婚』(名作オペラブックス)
↓クリックのご協力お願いします★

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




数年前、対訳を読むためだけに購入。今回初めて全てに目を通して、他の同オペラの対訳本より高価な理由がわかりました。作品の時代背景や上演されるまでの経緯など、勉強してもし過ぎることはないと思います。ただ、こういう批評したり分析したりする専門家は(翻訳だからというのもあるかもですが)これでもかと言うぐらい難しい言葉で表現するものだから、実際に演奏する身としては、ぶっちゃけちんぷんかんぷんな部分も多いです。歌い手としての勉強不足でしょうか…演奏家として成長すれば、もっと理解できるのかもしれません。。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokusyosiyouyo.blog.fc2.com/tb.php/97-0f9e8d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。