毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


むかし僕が死んだ家
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村










一気に読めてしまいました。題名の「僕」から違うストーリーを想像していましたが、違いました。



伏線につぐ伏線ではらはらしながら読んで、最後は寂しくなりました。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


ダイイング・アイ 東野圭吾
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







どういうことなのか、気になって気になって、最後まで止まりませんでした。



ちょっと現実味がないのと、瑠璃子の意図がわからないのがモヤモヤしました。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


江戸川乱歩の推理試験
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







こんな簡単なトリックでいいの?!と疑っちゃうような単純な答えや、解答の動機を想像するには無理があるやろーな作品がチラホラあって、あまり気に入りませんでした。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


人でなしの恋 江戸川乱歩

↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






オペラの原作の黒蜥蜴を読んだのをきっかけに、ひさびさに江戸川乱歩を読んでみたくなりました。



乱歩のマイナーな作品だということですが、あっけない終わり方だったり、トリックが単純だったりと、ちょっと物足りない作品や、読み終わってほっこりできる作品、乱歩らしく、えげつなくてちょっと無理、なものまで色々おさまっていて、読み応えがありました。

一編一編は短くて読みやすいです。


あと、文体を器用に変えられるのはさすがだと思いました。



江戸川乱歩は、小学生の頃にハマり、代表作と呼ばれるものはほぼ読んだはず。



憶えているのは、身の毛のよだつようなグロテスクな話が多かったことだけですが(^_^;)



おそらく、この短編集におさめられている作品は、一話も読んだことがない(はず)。



個人的には『一人二役』が一番好きです( ̄▽ ̄)

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


流星の絆 東野圭吾
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



ドラマを数話だけ観たことがあったので、新鮮味は少なかったけど、話が頭に入りやすかったのと、俳優さんで脳内再生しながら読めて、楽しめました。



真犯人がわかった時は何とも言えない気持ちになりました。


スーが幸せになれそうな結末なのが救い。





テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。