毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの頭がよくなる読書の習慣 樋口裕一
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


『大事なのは、「本を読むのが普通なんだ」「読むとおもしろそう」というニュアンスを親が生活のなかで子に伝え、本があるのが当たり前の家庭環境を意識的につくり出すことです。』(133ページ)






『頭が良い』とは決して学校の勉強が出来ることだけではありませんが、学校の勉強が重要であることも事実で、基礎学力である文章読解力も読書によってつくのは、今ではよく聞く話。



小学校でも、読書を習慣化するように推奨はされてるけど、学校の図書の時間だけでは絶対に足りないと思います。


やっぱり、親が日常的に読書して、本を読むのが当たり前にして、さらに、読む楽しさを伝えていければ良いなあと思います。






テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


子どもの注意の仕方---うまい親 へたな親 関根正明
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村










正しいことが書いてあるとは思うのに、なぜか心に響かない。


ちょっと期待外れでした。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


「子どもの力」を100%引き出せる親の習慣 七田厚
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






購入してから、かの有名な七田式の書籍だと知りました。


月謝的に、七田式にはとても通うことができないので、私自身が学びながら子ども達に教えていかなければ、でも、~しなくちゃいけない、と窮屈な型にはまらず、楽しく一緒に成長していきたい、と思いました。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


赤ちゃんの心を育てる10則 金子保
↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


赤ちゃんの心を育てる10則
金子保








再読。いつ読んだのか忘れちゃったけど、三人目の出産を期に学び直すつもりで読みました。


いつも、心に残った箇所をチェックしながら読む癖があるのですが、その痕跡を見て、前回読んだ時とだいぶ感じ方が変わったなあと思いました。



経験者にとっては、本当に当たり前のことが、いかに大切か書かれています。



ただ「あまり肩に力を入れず」と書いてる割りには、全体的に母親に対するプレッシャーを与える書き方が多いように感じました。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


子どもの成績を伸ばす1日10分読書 石田淳

↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






『読書とは、本を通じて人生の先輩から学ぶことです』(56ページ)

行動科学に則した習慣化の話は、ためになりました。

読ませよう!と思ったら、やはり他のことと同様、簡単なことから、毎日続けるのが大事なんだなあと思いました。



ただ、いくら前向きでも、毎日読んで習慣に!と親が頑張り過ぎるのも、良くないんではないかと思います。



というのも、私がこれを手にとったきっかけは、既に本の虫になっている次男に比べ、明らかに読書の嫌いにそだちそうな長男をなんとかできないか、と思ったからなのですが。。


長男次男には、読み聞かせは時々しかして来なかったし、机での勉強と違って毎日強制もせず、ほったらかしにしてたのに、読書好きになったのが次男。



ほったらかしでうまいこと好きになってくれたから、いっそ長男もほったらかすかー、と思いつつ、できるなら読書好きになって欲しい、という親の勝手な願望を叶える為には、この方法は、強制的過ぎるようにも感じられました。



今まで通り、私が読書して、みんなで毎週図書館に行ってれば、それでいいかなあ。



あと、完全に乱読人間の私には、系統立てて読む多読は、読書の楽しみが減るんちゃうの?と思いましたが、そこで『子どもの成績を伸ばす』という書名を思い出して納得。



でもやっぱ、読書は何より楽しめるのが一番だ〜。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。