毎日一冊紹介。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エスケイプ/アブセント




この人の著書は二冊目。


前回読んだのはニートという作品で、ニートな彼をついつい囲っちゃう女性の話。


今回は、元左翼のバイの男性とコスプレ神父(w)の話。


内容は全然違うけど、独特の雰囲気のある文体が好き。


左翼とか、そういう政治運動のことは、生まれてなかったし全くわからなかったけど、惹かれる作品でした。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


終末のフール 伊坂幸太郎




すっかり更新頻度が落ちましたが、読書は進んでいるので、感想も早く書かなきゃ、と焦ってます( ;´Д`)



最近名前をよく見かけるなー、一冊ぐらい読んどこっかー、と、図書館で適当に借りてみました。



世の中、地球の終末が確定した世界。



あとがきによれば、この本のように、何年も前から隕石の衝突が決まるってのは有り得ないらしいけど、そこは小説ということで。



〜年に世界が終わる、って話題を本気で信じたことはないけど、単なる流行りじゃなくて、ほんまにほんまに現実になったら、世間はこんな風になるんじゃないか、ってやたらリアルなお話。



1話完結しながらも、それぞれの登場人物が少しずつ繋がっていて、なんだかホッとする。



是非、結末を知りたい。


でも、書かれちゃったら小説としての味が変わっちゃう気がしなくもない。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


ZOO2 乙一




読書を我慢してたので、久々の更新( ̄▽ ̄)



最近よく見かける乙一さん、初めて読んでみました。



残酷なのかコミカルなのかわからない奇妙な短編集。



ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか微妙だけど、私はハッピーエンドには感じられなくて後味悪い(´Д` )




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


朝2時起きで、何でもできる! 枝廣淳子

早起きの本を探していて借りてみたら、著者は2時起きっていうだけで、全然早起き関係なかった(笑)


でも、ためになります。独学で同時通訳になる英語力をつけ、次々に仕事の幅を拡げていく著者のパワーが文章から溢れています。



↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学


ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 苫米地英人



速読と言えば、眼球を鍛えて動体視力を上げたり、視野を広げるトレーニング、1冊5分で読む、と言ったことがメジャーだと思いますが、そういう速読法に疑問を投げかける1冊。



従来の速読法は、ただ速く読むことが目的になっていますが、何の為に速く読むのか、人それぞれだとは思うけど、著者の理屈には納得。



でもただ速く読みたい、って思うならそれはそれでいいんじゃないか、とも思う。役に立つ立たないは別として。




ハイサイクルリーディングのトレーニング方法や、速読の本来の目的について、また情報リテラシーとの付き合い方など、なるほど!と思えるけど、後半は別人格をつくるとか、世界の平和だとか、飛躍し過ぎな感が否めない(大切なことだとは思うけど、この流れはちょっとしっくり来ない)。



また、著者が学歴や共感覚、資産など、ちょっと自慢し過ぎでイラっとする。




↓クリックのご協力お願いします♪↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。